ブリングアーツ

KINGDOM HEARTS III BRING ARTS カイリ レビュー

 

 

スクウェア・エニックスが6インチスケールで展開する新アクションフィギュアシリーズ『BRING ARTS』より、キングダムハーツ3 カイリのレビューです。

 

【パッケージ】


パッケージはKHシリーズ共通のデザイン。裏面には、KH3でカイリが訪れた各ワールドを背景に、各種ポージング例がレイアウトされています。

 

セット内容

【本体・武器×1・交換用顔×2・交換用手×4・ 台座・取扱説明書】

ハンドパーツは【開き手・握り手・キーブレード用の持ち手】が付属。

 

【本体】

本体全身。カイリの細見なプロポーションも、関節箇所を目立たなくする工夫によって、シルエットの破綻なく巧みに再現されています。

 

ソラとの比較。2枚目の画像はDLCの『データグリーティング』より。

劇中に比べ身長差が大きくなっている点が気になりますが、許容範囲といったところでしょうか。頭身など全体のバランスはよく出来ています。

 

本体アップ。メインの顔パーツは、カイリの印象を造形に落とし込んだ見事な完成度に。たおやかさを湛えた表情も美しいです。

髪色は劇中と比較するとかなり明るいですが、設定画ではこちらに近いカラーリングなので、イラストに合わせた彩色となっているようですね。

続いて交換用顔パーツの笑顔Ver。通常ヘッドと比較すると目の横幅が狭く、下唇がわずかに突き出ているため、少々バランスの悪い造形になってしまっています。とは言え、明るいカイリの性格はよく表われており、ポーズをとると案外気にならなくなります。

もう一つの交換用顔パーツ、怒り顔Ver。こちらはキリっと締まったクールな表情をしているので、アクションシーンやシリアスな雰囲気を演出したいときに使えますね。

 

衣装のアップ。KH2の時のピンクを基調としたガーリーな雰囲気はそのままに、KH1の時のようなスポーティさもプラスされたカイリの新たなコスチューム。塗装精度はそれなりですが、ネックレスやブレスレット等の細かな装飾品まできっちり塗り分けられています。

 

【付属品】

KH2でも登場したカイリのキーブレード、デスティニープレイス。デスティニーアイランドを思わせる草花や波、パオプの実に、ハート型の護拳や鍵の歯など、暖かみと華やかさにあふれた優美なデザイン。この複雑な造形のキーブレードを、細部に至るまで精巧に立体化しています。

ブリングアーツ化にあたり、王冠状の柄頭の塗装やコントラストの表現については省略されていますが、波の部分にはクリアパーツを使用するといったこだわりも見られ、特に先端部分の花々・蔦で形作られたハートの造形は美しいものに仕上がっています。

 

付け替え手。ソラやリクにはなかった、ハンドパーツをまとめるためのパーツも付属しています。

 

スタンド。こちらはKH3のソラhttps://artsseeker.com/wordpress/xserver/bring-arts-sora/ と同一のもの。

シンプルながらオシャレなデザインで、ねじ式のためプラスドライバーは必要ですが、細かな調整の効く使い勝手の良い台座です。

 

【可動範囲】

前後のスイング可動域。上半身の分割はベルトのすぐ真上にあるように見えますが、実際はみぞおち辺りの高い位置にあり、上着が内側の胴体パーツを覆うような構造になっています。

これは可動させたときに胴体に隙間ができるのを防ぐためであり、インナーパーツは干渉しないよう計算されているので、体を傾ける・ひねるといった動きをとることも可能です。

衣装に分割を入れることなく可動性を確保した、素晴らしいデザインですね。

肩・腕・手首の可動軸には、全て球体ジョイントが使われています。腕のパーツはジョイントと固定されておらず(ジョイント自体が抜けることはありません)、上腕や前腕はそれぞれ独立して回転させられるので、細かなポージングの調整が効きます。

下半身の可動範囲。スカートは軟質素材で作られているので、ある程度はポーズに合わせて広がりますが、無理なく姿勢を維持できる限界は画像のあたりまでとなります。

ひざ関節とブーツについても、ビジュアル重視な作りから可動域はあまり取られておらず、ひざは90度・ブーツは縦方向にのみ動かすことが可能となっています。仕方のない部分ではありますが、ここは足首のロール軸だけでも欲しかったところ。

 

【ポージング】

後ろ手を組んだ立ち姿。こちらはカイリのキャラクターCGを参考にしています。

笑顔のオプションヘッドを使ったポージング。先ほどの項目では、下半身の可動について主にマイナス部分に触れましたが、女性のフィギュアでも出来ないことの多い内股の姿勢を、無理なく取れるといったところは素晴らしいポイント。

ぎりぎりですが、座った状態も再現することが出来ます。

 

続いて、キーブレードを構えたポージング。持ち手のパーツは柄にはめ込むようにして取り付けます。

足首のロール軸がないので若干不安定ではありますが、台座なしでも自立します。

こちらもキャラクターCGを意識したポージング。

カイリの関節には、彼女のプロポーションに合わせた細めのジョイントが使用されています。そのため、ソラやリクのものと比べるとかなり柔らかい可動感になっていますが、ポーズを維持するために必要な保持力はあるので、キーブレードの片手持ちといった負荷の掛かる姿勢も、へたれることなくキープ可能です。

 

 

ここからは『Re Mind』について。

終わりの世界に降り立った二人。

今回はソラとのイベントシーンが増えたのはもちろん、本編ではあまり見られなかった、カイリのキーブレード使いとしての活躍も描かれています。

プレイアブル時に使用できるシュートフロー『プリンセスハート』。

ソニックレイヴのような突進攻撃をくりだすシチュエーションコマンド『セブンウィッシュ』。

カイリのアクションは全体的にコンパクトな動きが特徴で、HPは低いですが、隙が少なく使いやすいキャラ性能になっていました。

最後に、二人の連携技『ワンハート』。

リマインドは、ファンの「これが見たかった・やりたかった」を叶えてくれた最高のDLCでしたね。

 

【おわりに】

以上、KINGDOM HEARTS III BRING ARTS カイリのレビューでした。

可動フィギュアとしては、旧プレイアーツでKH2の制服Ver.が発売されて以来、実に13年ぶりとなる登場を果たしたカイリ。シリーズのメインヒロインである彼女ですが、これまでなかなか立体化の機会には恵まれてきませんでした。

ですが、今回ブリングアーツ化されたことにより、ついに可動フィギュアでソラ・リク・カイリの三人をそろえることが可能になりました。

これだけでも手に入れる価値があると言えますが、肝心のフィギュア自体の品質も高く、カイリ単体でも充分に飾り映えする仕上がりとなっています。

特に通常ヘッドのクオリティは、KH3のカイリらしさを完璧に表現できていると言っても過言ではないほど。

またオプションヘッドは2種類付属しており、その交換方法もヘッドを首の差し込み穴から引き抜くだけの簡単仕様なので、ポージングに合わせた付け替えが手軽に行えます。

可動については、造形的な完成度が優先されたこともあってそれなりの性能となっていますが、重要なポイントはしっかり押さえた作りになっているので、様々なシーンを再現して楽しむことが出来ます。

総じてプレイバリューが高く、ファンの方にはぜひ手に入れてもらいたいアイテムとなっています。

 

KH3にて正式にキーブレード使いの仲間入りを果たしたカイリ。

これまではディズニーキャラとの関わりを見られる機会はほとんどありませんでしたが、今後もしカイリが主人公の外伝(眠りの世界を巡る話でもいいので)が作られることがあれば、そんな姿も見てみたいですね。

KINGDOM HEARTS III BRING ARTS リク レビュー前のページ

関連記事

  1. ブリングアーツ

    KINGDOM HEARTS III BRING ARTS ソラ レビュー

    スクウェア・エニックスが展開する6…

  2. ブリングアーツ

    KINGDOM HEARTS III BRING ARTS リク レビュー

     スクウェア・エニックスが6インチ…

  1. ブリングアーツ

    KINGDOM HEARTS III BRING ARTS カイリ レビュー
  2. プレイアーツ改

    FINAL FANTASY VII REMAKE PLAY ARTS改 No.2…
  3. ブリングアーツ

    KINGDOM HEARTS III BRING ARTS リク レビュー
  4. プレイアーツ改

    FINAL FANTASY VII REMAKE PLAY ARTS改 クラウド…
  5. ブリングアーツ

    KINGDOM HEARTS III BRING ARTS ソラ レビュー
PAGE TOP